院内保育園ってどんな感じ?

院内保育園ってどんな感じ?

ママさんナースが増えてきた事により、少しでも働きやすい環境を作り、経験のある看護師を確保する為にも、
充実した子育て環境の病院がかなり増えてきています。

いろいろある子育て環境の中でも、院内保育園というのは、ママさんナースにとって、とても便利ですよね。
自分の働いている病院と同じ敷地内にある院内保育園は、子供と一緒に出勤する事ができて、子供に何かあった時にも、
すぐに駆けつける事ができるので、とても助かります。

しかし、ママさんナースの中には、院内保育園に対して不安を持っている方も多いと思います。
院内保育園は、一般の保育園と比べてそれほど違いはありありません。
違いがないどころか、メリットが沢山あります。

院内保育園は、利用人数が少ないので、一人一人に目が行き届き、法律上で確保されている規定人数の保育士の元で、
安心して子供を預ける事ができるんですよ。
一般の保育園に比べると、利用料金が安いところも、大きなメリットだと思います。

院内保育園では、他の大勢の子供達に囲まれた生活をしているので、子供にとっても、大きく成長する、
とても良い環境なんです。
誰とでも仲良しになれる子供になりますし、着替えや食事などの指導も受けられるので、親が知らないうちに、
どんどん成長していきます。

院内保育園が設置されている病院というのは、多くのママさんナースが働いている、という事に繋がりますが、
子供を通して、同じ環境で働いているママさんナースと知り合いになれるところも嬉しいですよね。
何かあった時に、分かり合える仲間がいる、というのは、とても心強いものです。

院内保育園は、親にとっても、子供にとっても、とてもいい環境を与えてくれる施設ですよ。

2013年9月30日|