日本看護協会は退職交渉に応じて貰えますか?

日本看護協会は退職交渉に応じて貰えますか?

医療業界では、常に看護師が不足している状態が続いています。
その為、希望の転職先が決まったとしても、現在の職場に退職をなかなか言い出せない、又は退職する事について不安がある、
という人はとても多いと思います。

私も過去にそのような経験がありました。
その当時、夜勤専従で働いていたんですが、休憩や仮眠が取れない程の激務でした。
スタッフが足りない事も理由の一つだったんですが、忙しすぎる為に、人間関係も最悪な職場でした。
それでも頑張って続けようとしたんですが、身体がキツく転職する事にしました。

人員不足がわかっていたので、退職を伝えるのがとても不安でした。
思っていた通り、退職の許可がなかなか下りず、スタッフ不足を理由に、退職の引き延ばしをされました。
転職先が決まっていなかったのでまだよかったんですが、もし転職先が決まっていたとしたら、
とても困っていたと思います。

このように、退職がスムーズに進まないといった状況の看護師に、退職を有利に進める為のアドバイスを行ってくれる事を、
退職交渉と言います。
時には、第三者として入り、スムーズに退職ができるように援助してくれる場合もあります。
しかし、退職交渉は日本看護協会では一切行ってくれません。

退職に不安がある場合は、看護師求人情報サービスを利用する事をお勧めします。
看護師求人情報サービスであれば、退職交渉をしてくれるので、安心して転職先を探す事ができます。

退職したい場合は、退職希望の1ヶ月前には職場に伝えるのが一般的となっていますが、スムーズに退職出来るようにする為には、
充分に余裕を持って、3ヶ月から半年前には退職したい旨を職場に伝え、準備を進めるのが良いようです。

2013年9月30日|